カテゴリ:ウエディング( 2 )
2014年 03月 18日
ブーケ
先日、ご自分の結婚式で持つブーケをT様がお作りになりました。
d0218074_2384249.jpg

T様はお花の経験がなかったので、2回のレッスンを受けた後に本番となったのですが、

出来上がったブーケはとてもきれいで、ほっとしました。
d0218074_2392066.jpg

ブーケは、花嫁さんの雰囲気とドレスにマッチしていることが大切です。

そしてなにより、ご本人の希望にお答えするように、色や形そしてお花を決めていかなければなりません。

T様は、アプリコットとピンクのバラを使ったクラッチブーケを
作りたいとのことでした。

まずは、お花選びが重要となります。

責任の重さを感じながら、そして楽しみながら準備をしました。

出来あがったブーケを見て、なんども「きれい」と言っていたT様。

満足していただけてうれしかったです。

人気ブログランキングに登録しています。
ワンクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by puala-bi | 2014-03-18 23:06 | ウエディング
2013年 10月 21日
感動の挙式
d0218074_23243630.jpg

姪の結婚式があり、ブーケから花冠、花束、トスブーケとお花はすべて作りました。

本人の希望として、
ブーケは丸くて茎が見えているのがいい!
色は白、黄色、オレンジにブルー。
頭は髪の毛をおろすから花冠にして!

子供たちはかわいい花束♪

白無垢の時は、カサブランカで色打掛は・・・ まかせる。

ブートニアは、ブーケの中に入れたバラと、草(グリーン)でいいや。
両親に渡す花束は、   なんでもいいや!
親である姉に、「花束どうする?なんでもいいって言ってるけど」と聞くと、
かえってきた言葉は「なーんでもいい、帰りに荷物になるからおっきくしないでね!」
二人して、「適当でいいよ!」と、
まったく、なんて親子だ、「私はプロなんだから、なんでもいいという
わけにはいかない!」
すべてに真剣に取り組みすぎる私への思いやり?
とも、取れるけれどやはりこだわりにこだわって作りました。

ブーケは黄色は入れず、オレンジの色味にこだわりました。
このオレンジのバラ、ジュリエットの色と咲き方がとても気に入り
市場の仲卸さんに無理を言って仕入ていただきました。
d0218074_23264949.jpg

姪も、このジュリエットのバラをとても気にいってくれたので、
少し大きいけれど花冠に使いました。
太めの花冠になりバランス的にどうかな?と少し不安がありましたが、
ドレスとヘアーのボリュームにマッチし、とても良かったです。
また、お友達の評判も良かったみたいです♪
d0218074_2365338.jpg

こんなのかぶせられて迷惑しているのは、私の従妹の子供のミホ。
d0218074_2385091.jpg

ウエディングドレスは、私の両親が姉に作ってあげた「桂由美」のドレス。
これをリフォームして姪が着ました。
そのチュールを使って、大役を任されたミホにプリザーブドフラワーを付けて
かぶせたのですが、、、、。
d0218074_23283513.jpg

本人にとっては、とっても迷惑。気になってしかたありません。
d0218074_23291326.jpg

ボールブーケを、花婿と花嫁にキシ君とミホが歩いて渡しに行くはずでしたが、
歩かず、ブーケはなげちゃうし。。。。 でも、かわいらしさでカバー!
みんなから拍手をもらっていました。
d0218074_23103271.jpg

d0218074_23295673.jpg

d0218074_23334985.jpg

花婿、花嫁は最後は疲れているようでしたが、
とても感動的で、素晴らしい結婚式でした。
d0218074_23302232.jpg

最後に、叔母に頼まれて作ったプリザーブドフラワーのメリアコサージュ。
これを見て、同じものを作って欲しいと注文をいただきました。
d0218074_749530.jpg

人気ブログに登録しています。
ワンクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by puala-bi | 2013-10-21 11:40 | ウエディング